多機能型とは? | 多機能型障害者就労施設 シースクエア

多機能型とは?

"多機能型事業所"とは?

多機能型事業所とは、障害児通所支援(児童発達支援、医療型児童発達支援、放課後等デイサービス、保育所等訪問支援)及び障害福祉サービス事業のうち、2以上の事業を一体的に行う事業所のことをいいます。多機能型による事業所に係る指定は、多機能型事業所として行う指定通所支援の種類ごとに行います。

ご利用案内

■主たる対象者
生活介護、就労移行支援、就労継続支援A型、就労継続支援B型
65歳未満の身体障害のある方
18歳以上65歳未満の知的障害のある方

■自立訓練(生活訓練)
18歳以上65歳未満の知的障害のある方

■費用
自立支援費(介護給付費、訓練等給付費)の対象サービスについては、市町村が決定した額になります。

基本方針、活動内容

■基本方針
障害支援センター多機能型事業所は、障害のある方が地域の中で活動し生活することを目的として、利用者一人ひとりの状況を踏まえながら支援することを基本方針としています。一人ひとりの自主性、主体性を尊重し、集団生活や作業活動への参加を通して、豊かな生活の広がりをめざしながら日々の活動に取り組みます。

■活動内容
【生活介護事業】医療的ケアの必要な方を含む、重症心身障害者の日中活動の場として、こころ豊かな生活の実現を支援します。提供する主なサービスは、安楽な環境を支援するリラクゼーション(休息)、健康管理、医療的ケア、創作活動・外出、送迎を実施します。